■アスタキサンチン
鮭やイクラ、えび、かにのオレンジ色の成分で、クロレラやのりなどの仲間のヘマトコッカスという海藻から採取されたものがサプリメントに使用されます。

カロチノイド系の成分で、別名赤いビタミンと呼ばれ、ビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍もの抗酸化力を持つといわれます。

アスタキサンチンは、紫外線で発生した活性酸素から肌や目を守ったり、筋肉疲労や眼精疲労を改善したり、脳の老化を抑制する効果も期待されています。

紫外線を浴びて肌や目が疲れたときなどにサプリメントで補います。

一日の推奨量は6mgで鮭の切り身2切れ、またはイクラ小さじ30杯分に相当します。






このページの先頭へ