アメリカでは45~55歳くらいまでをper・lmenopause(関経周辺期)と呼び、女性の体が大きな変化を迎える期間と位置づけて精神面も含めた健康管理を重視しています。

この時期のアメリカ人女性たちが訴えるおもな症状は、①頭痛や片頭痛、②物忘れなどの記憶障害、③関節の痛み、④抜け毛や薄毛などの髪の悩み、⑤ドライ症候群(ドライアイドライマウス・乾燥肌・性器の乾きなど)、⑥尿路感染症、⑦性欲減退、⑧腹部の膨満感、⑨ほてり(ホットフラッシユ)と冷え、⑩不眠などの睡眠トラブルです。

これらの対処法として、ホルモン補充療法をかかりつけ医に相談することを第一選択としながらも、医療費が高いためにサプリメントや運動、生活習慣などへのアドバイスも豊富。とくにサプリメントでしっかりチャージしようという考えが支持されているようです。

サプリメントをもっともよく利用しているのが50代女性というデータもあ吠更年期対策にサプリメントを利用する女性の多さが推測できます。






このページの先頭へ