プレ更年期に起こる変化のひとつは、一ヵ月の生理周期の中で、女性の心身にさまざまな作用をもたらすエストラジオールの変動が激しくなること。生理周期の中で、エストラジオールは排卵期にもっとも多く分泌されます。プレ更年期の場合も、排卵直前には充分な量のエストラジオールが分泌されます、しかし卵子の数の減少により、排卵期以外のエストラジオールの値が低くなるため、生理周期の中での変動が大きくなるのです。このため、エストラジオールの値が低くなる生理前後や、逆に高くなる排卵期に体調をくずす人が多<なります。






このページの先頭へ