急激な経済成長を遂げている中国では、40代男性が更年期の不調を訴えるケースが増えて話題になりました。

更年期の不調に合わせて漢方薬をのんだり、整体、按摩、鍼治療なども組み合わせていることが多いそうです。

医食同源の親点から、イライラや落ち込みなどには柑橘類や春菊、ミントなどを、血行をよくするためには生姜やさば、いわし、豆類など体を冷やす野菜などをとるように医師からも指導されるそうです。






このページの先頭へ