知らず知らずのうちに近づく更年期

更年期という言葉からはかけ離れていると思っていましたが、自分の母親が訴えていた症状と同じものが自分にもでてくると、ついに来たかという気持ちになります。

自分の中で一番気になる症状は、とにかくイライラすることです。

元々気が短いので気づきにくかったのですが、夫や子供に対して声を荒げていることにはっとします。無意識のうちに声が大きくなっていたり、今まで気にしていなかったことに対して怒鳴り散らしてしまうのです。
無意識に近いので、どのタイミングでイライラしてしまうのかもあまり自覚がなく、ふと鏡を見た時の自分の顔の怖さで気づいたりします。

その他の症状は、汗をかきやすくなったことです。

脇の汗はもちろんですが、何か緊張した時などは特に首元から何かをこぼしてしまったかのような汗が流れます。

あまり緊張していない場面でも、なんとなく掌にいつも汗をかいている状態で、タオルはもちろんですが、ちょっとした外出先にでも必ず着替えをもっていくようにしています。

いくつかの症状が重なってきたり、同年代の周りの方の話をからして、自分もついにきたかというショックな気持ちになりますが、女性は何かしらの変化はあると思うので、これらといかに上手に付き合っていくかが大切だと思います。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ