どこからが更年期なのでしょうね?

40歳を過ぎた頃から、無理がだんだん効かなくなってきたというか身体の不調を感じることが多くなってきました。

更年期症状が出てくるのは一般的には45歳くらいからとか言われていますが、今は30代でも更年期症状に悩まされる人もいるようですし「ここから更年期に入りました」という線引きはなかなか難しいものがあると思います。

更年期というと、特に暑くもないのに一人ダラダラと汗をかいているという「ホットフラッシュ」のイメージがとても強く、ホットフラッシュの症状が出るまでは更年期ではないと自分に言い聞かせてきましたが、冷え、肩こり、腰痛、動悸、吐き気なども更年期症状だということを知り、最近の私の不調は更年期のせいなのではないか?と思うようになってきました。

冷え性なのは昔からなのであまり気にしていなかったのですが、激しい動悸に襲われるようになった時は心臓がマズイかも…と循環器科を受診。次は肩こり首こりがあまりにひどくなり、日常生活に支障が出始めてペインクリニックを受診。その次は、胃痛と吐き気がどんどんひどくなってきて我慢できず消化器科を受診。

でも結局はどこも特に悪くなくて、一体この不調は何なの?という感じでしたが、これが更年期症状の一つだったと思えばなんかちょっと納得出来ました。更年期という嵐が過ぎるまで、うまく付き合っていくしかないですね。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ