膝の痛みや腰痛、胃痛など。

38歳を過ぎた頃から左ひざの痛みが出て来ました。

父方の祖母も叔母も膝の痛みを訴えて、色々方法を試していたので「遂に来たか!」という感じでした。

駅の階段の上り下りに時間がかかり、彼氏君に待ってもらうこともしばしばあり、申し訳ないなぁ、と思っていました。

テレビや本等の情報から「筋力」が落ちたことの副作用という知識がありましたので、仕事帰りの1時間、駅一駅分ですが歩いて帰ることにしました。

半年程続けていると脚に筋力がついて来たのか、階段の上り下りも苦痛ではなくなり、すばやくのぼったりおりたり出来るようになりました。

また職場が変わり、歩かなくなって来ると階段の怖さがよみがえり、下りるのがとても苦痛になってきましたので、また上手に歩いて筋力を取り戻したいです。

腰痛は仕事帰りに少し横になった時に起こります。座椅子に座り仕事で働いていたので、姿勢が悪く、急に伸ばすためだと勝手に推測しております。

これはストレッチだと思いますので、朝と夜のラジオ体操位しか対処方法をとっていません。
仕事中も軽く背筋を伸ばしたり、ストレッチするくらいです。30代でこれならこれから40代、50代とどうなってしまうのかと不安を覚えております。

胃痛は急に始まり、消火器内科を3件回って、薬ではなく発酵食品、特にヨーグルトとチーズを食べることで解消しました。

特別荒れた食生活という無自覚さから来たものだと思いますが、お医者さんに怒られ、素直にヨーグルトとチーズを毎日摂取していれば自然に治りましたので、食べ物はとても大事だと改めて感じた次第です。

更年期予備軍ですが、閉経を迎えた時に鬱で悩まないかと今から戦々恐々としております。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ