プレ更年期は、生理周期に合わせて好不調の波が激しくなります。とくに目立つのが、PMSの悪化。性成熟期前期に比べ、排卵期とそれ以外の時期のエストラジオールの分泌量の差が大きくなります。その結果、自律神経なとの働きが乱れ、生理前の頭痛や下腹部の痛み、イライラ・くよくよなど、PMSの症状が重くなることがあるのです。






このページの先頭へ