生理前や生理中に、不眠や過眠の症状があらわれるのは、プレ更年期に限らず起こる不調のひとつ。プレ更年期に入り、生理周期にかかわらず眠れなかったり、眠りすぎたりする場合は、老化で体力が衰えつつあるところに疲れやストレス、生活リズムの乱れが加わり、眠りの質が低下している可能性があります。






このページの先頭へ