以前は感じなかったのに、プレ更年期に入って排卵期の下腹部の痛みや、めまいがつらくなったという人もいます。医学的にはっきりした根拠はわかっていないのですが、一説には卵胞の組織の柔軟性が低下して排卵がスムーズでなくなることや、排卵期とそれ以外の時期のエストラジオールの値の落差が、排卵痛やめまいなどの不快感につながるのではないか、と考えられています。






このページの先頭へ