治療では低用量ピルや漢方薬などを使います

不調がセルフケアで改善しない、もしくは悪化した場合は婦人科を受診しましよう。体調に合った生活指導やエストラジオールの値の落差をなたらかにする低用量ピルの処方、体質を改善する漢方薬の処方など、より積極的に治療を進めてくれます。代表的な漢方薬として、精神的なイライラが強いときは加味逍遥敢、冷えやむくみなどの症状があるタイプには当帰芍薬散、体格がしっかりしていて頭痛やのぼせ、おなかの張りなどがあるタイプには桂枝茯苓丸の3つがよく処方されます。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ