通常、更年期とは、おおよそ45~55歳の期間のことを指します。

更年期障害は、老化により卵巣の機能が低下し、そのことによりエストロゲンというホルモンの分泌量が少なくなることによって引き起こされます。

しかし、まだ卵巣機能が低下していないはずの40代や30代、時には20代の女性が更年期のようなのぼせや疲労感といった症状を訴えることがあります。

それが「プレ更年期」です。

プレ更年期とはその名の通り、更年期の以前(プレ)にくる「更年期のようなもの」のことを言います。

その原因は、過度なストレスや不規則な食事、生活習慣からくる自律神経のバランスの失調だとされています。

自律神経のバランスが崩れると、ホルモンの分泌に異常をきたし、その結果更年期でもないはずなのに、更年期障害のような症状があらわれてしまうのです。

あなたは最近ひどく疲れていませんか? ストレスをため込んだりはしていませんか?

もし、まだ若いのに以下のような症状が出ていたならば、あなたはプレ更年期かもしれません。

まずは身体のほてりや冷えと言った症状が挙げられます。

顔がほてる、逆に末端が冷える、というのはプレ更年期の典型的な症状の一つです。

また、身体は冷えているのに汗が止まらなくなることもあります。

次に不定愁訴をかかえている事も大きな要因となり得ます。

不定愁訴とは、意味もなくイライラする、頭痛がする、身体がこったり痛んだりする、疲労が抜けないなどの、「原因はわからないけど、なんとなく体調が悪い感じがする」といった症状のことです。

プレ更年期にはこういった、原因不明の身体のだるさがしばしばおこります。

そして最後に、睡眠障害が挙げられます。

プレ更年期では、夜眠れない、逆に朝なかなか起きられないという症状がよく起こります。

こういった症状はPMS(月経前症候群)でもよく見られるものなので、身体に異常が見られるようであれば早めに病院に受診しましょう。






このページの先頭へ