プレ更年期の症状は心や体、多岐にわたって現れます。

「病は気から」という言葉があるように、気持ちを上向きに保つことで身体が健康に保たれるということがあります。

反対に、身体を適度に活性化することで、心も体も健やかになることができます。

程よく運動をして、身体機能の低下、そしてストレスからくるプレ更年期に対抗しましょう。

まずプレ更年期においては過度な運動、そして過度なダイエットは禁物です。

あまりに激しい運動は身体に負担をかけてしまい、それによってプレ更年期の症状が悪化してしまうことがあります。

自分の身体に無理がない程度の運動を心がけましょう。

プレ更年期にちょうど良い運動はいくつか上げることはできるのですが、三日坊主で終わってしまっては意味がありません。

まずは自分の好きな運動をして、身体を動かすことを習慣化できるようにしましょう。

また好きなスポーツをすることは、身体を健康に保つだけでなくストレス解消にもなり一石二鳥です。

もし運動が苦手だという方は、短い時間でも良いのであまり気負わず散歩やストレッチなどをすることをお勧めします。

適度な運動をし、代謝を高めることで、その後に控える更年期の症状も軽減することができます。

腹式呼吸をすることには、自律神経のバランスを整調する効果があります。

穏やかに呼吸をしながら身体を動かす太極拳やヨガなどもお勧めの運動です。

スポーツではありませんが、腹式呼吸をしながら自分と向かい合う座禅でも自律神経をと整えることができますし、歌うことによって

も腹式呼吸をしながら腹筋を中心とした全身運動をすることができます。






このページの先頭へ