アロマセラピーは手軽に行え、プレ更年期の症状改善への効果が期待できる方法です。

その効果は大きく3つに分けられます。

①精神の安定②身体の不快感の軽減③ホルモンバランスの改善です。

心を落ち着かせる効果のあるアロマで代表的なものは、ラベンダーやペパーミントです。

ラベンダーはリラックス効果が高く、日々のストレスを打ち消し、精神を回復させてくれます。

また鎮痛効果や血圧降下効果があるため、プレ更年期に起こりがちな肩こりや頭痛の症状緩和にも役立ちます。

その他に精神の安定に効果があるアロマに、カモミール、ネロリ、ベルガモット、マジョラムなどがあります。

「若返りのハーブ」と呼ばれるローズマリー、「長生きさせる」という語源をもつセージなどには身体の不快感を和らげる効果があります。

特にローズマリーには、筋肉疲労の回復、代謝の活性化のほか、お肌の引き締め効果があるので、見た目から元気になることが出来ます。

ただし、妊娠中の方はローズマリーの使用は控えてください。

その他には、ヨーロッパアカマツ、ローズウッド、ラベンダーなどに疲労回復の効果があります。

女性にとって特に効果が高いアロマと言えばフェンネルとゼラニウムでしょう。

フェンネルとゼラニウムには女性ホルモンと似た働きをする成分があるため、ホルモンバランスを整える効果や生理不順の改善、生理痛の緩和などの効果が期待できます。

また美肌効果やむくみの解消効果もあり、女性にとってはうれしいポイントです。






このページの先頭へ