低用量ピルとは女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが配合されている錠剤です。

その名の通り女性ホルモンが少量しか含まれておらず、副作用が抑えられ安全に服用することが出来ます。

低用量ピルを服用することで、外部から安定して女性ホルモンが補給できるようになり、プレ更年期・更年期の症状を緩和することが出来るのです。

主な効果に生理周期が規則的になる、生理痛・PMSの症状の軽減のほか、子宮がんの発生リスクの低下、骨粗しょう症の予防、避妊効果などがあり、また、女性ホルモンを摂取することで肌や髪のハリツヤが増した、バストサイズが上がったなどの報告もあります。

しかし、低用量ピルはメリットばかりあるわけではありません。

特に服用初めと服用をやめたときに悪い症状が出やすく、つわりにもよく似た吐き気や、頭痛、肩こり、うつ状態になりやすいという声が多く聞こえてきます。

最大のデメリットは心臓梗塞や高血圧、血栓症のリスクが増加してしまうことです。

女性ホルモンを摂取するのですから、一定以上の効果が表れるのは確かです。

デメリットを考慮しても安全性は確保されていると言って良く、実際医者のなかでは低用量ピル推進派が多いようです。

しかし、人間の身体はデリケートにできており、身体の内の各部位で連携を図り、バランスを取りながら成り立っています。

そんなところに外からホルモンが入ってきてしまったら、バランスが崩れてしまったとしても無理はありません。

低用量ピルを服用する際には、安易にメリットやデメリットばかりに目を向けずに、自分自身の身体と相談しながら使用することが大切です。

特に最初の内は病院の診察を受け、医者の指導のもと服用するのが安心でしょう。






このページの先頭へ