食からの改善、経済急成長で男性も更年期に悩む中国


急激な経済成長を遂げている中国では、40代男性が更年期の不調を訴えるケースが増えて話題になりました。 更年期の不調に合わせて漢方薬をのんだり、整体、按摩、鍼治療なども組み合わせていることが多いそうです。 医食同源の親点から、イライラや落ち込みなどには柑橘類や春菊、ミントなどを、血行をよくするためには生姜やさば、いわし、豆類など体を冷やす野菜などをとるように医師からも指導されるそうです。



ドイツは森林浴や医療用ハープで自然に


ドイツでは自然の力を利用した医療を取り入れており、『クナイプ療法』という森林浴と温泉を利用した、森林セラピーなどが盛んに行われ、うつや慢性疲労、更年期の改善に効果を上げています。 取材で訪れた森林セラピーの施設は、散歩コースに「抗菌作用のあるマツ」「細胞を若返らせるシラカバ」などと効能の説明書きがあり、それを読みながらゆっくりと森林浴を楽しみつつ治療するというすばらしいところでした。 「医療用ハーブ」も重視されており、アロマではゼラニウムやバラ(ホルモンバランスの調整)、サプリメントでは大豆イソ・・・



医療用アロマやタラりs.セラピーが人気のフランス


フランスもアメリカと同様にホルモン補充療法が女性の約30~35%に普及しているほか、「タラソセラピー』という海の治癒力で治療する方法、医師の指導で精油を処方する「アロマテラピー医療」、エステサロンでのマッサージのほか、最近では禅やヨガなども人気で、とくにパリなどの都市部の女性には豆腐や緑茶などの日本食が、更年期世代の女性に支持されています。 日本料理店はフランスの田舎にも出現し、寿司のテイクアウトを待つマダムたちが「日本文はダイエットと若返りにいいのよ。 私は自宅で寿司と緑茶をいただくときがいち・・・



サプリ専門店でアドバイスを受ける


日本では通信販売が多いサプリメントですが、アメリカではスーパーやショッどングモールにサプリメントコーナーや専門店があり、サプリメントの知識が豊富な薬剤師さんなどとじっくり相談しながら自分に必要なサプリメントを選ぶ姿をよく見かけます。 私自身も1998年に子連れ留学していたとき、大学近くのショッピングモールに大きなサプリメント専門店がいくつもあり、サンプルをもらったり、説明を聞いているうちにサプリメン トのファンに。 当時は学生で記憶力がよくなるようにとギンコ・ビローバやDHA、EPAをのんでいま・・・



サプリメントで更年期対策が増加中の米国女性


アメリカでは45~55歳くらいまでをper・lmenopause(関経周辺期)と呼び、女性の体が大きな変化を迎える期間と位置づけて精神面も含めた健康管理を重視しています。 この時期のアメリカ人女性たちが訴えるおもな症状は、①頭痛や片頭痛、②物忘れなどの記憶障害、③関節の痛み、④抜け毛や薄毛などの髪の悩み、⑤ドライ症候群(ドライアイドライマウス・乾燥肌・性器の乾きなど)、⑥尿路感染症、⑦性欲減退、⑧腹部の膨満感、⑨ほてり(ホットフラッシユ)と冷え、⑩不眠などの睡眠トラブルです。 これらの対処法とし・・・






このページの先頭へ