生理周期の中で女性の体は日々変化している


卵胞が充分に大きく育ってエストラジオールの値がビークになると、脳下垂体からLH(黄体化ホルモン)が一気に分泌されて卵胞が破裂し、卵子が押し出されて排卵が起こります。破裂した部分をふさぐようにして黄体というかたまりがつくられ、そこからもう|種類の女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。これが子宮内服の厚さを維持するのですが、排卵後2週間たっても妊娠しない場合は黄体がしぼんでプロゲステロンが分泌されなくなるため、子宮内膜がはがれて出血し、生理が起こります。このようなしくみが順・・・



女性ホルモンは脳の指令で卵巣から分泌される


生理とは、そもそも卵子が受精・着床せずに妊娠しなかったときに起こる、子宮からの出血。生理に至るまでの流れを、排卵に注目してみてみましょう。生理のしくみの司令塔は、脳の視床下部。生理が始まるとそのすぐ下の下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌が増えます。それが血流に乗って卵巣に届くと、卵子の周囲に卵胞が育って「エストラジオール」(卵胞ホルモン。女性ホルモンのエストロゲンのなか でもっとも作用の強いもの)をつくります。これが子宮に届くと、妊娠に備えて子宮内膜が厚くなります。






このページの先頭へ