メリットもデメリットもきちんと把握して選ぶ


数々のメリットを持つ低用量ピルですが、だれもが簡単にのめる薬というわけではありません。 ピルには、血液の流れを悪くする作用があるため、動脈硬化や脳梗塞、血栓症の人などは服用できないことになっています。同じ理由で、35歳以上でタバコを吸う人にもピルの服用は禁忌です。 なお、がんに関しては、乳がんの危険度が増す可能性があるといわれていますが、乳がんは、早期発見での治癒率が高いがんなので、定期的な検査を受けていれば、それほど恐れる必要はありません。また、卵巣がんと子宮体がんは、低用量ピルの服用によって・・・

低用量ピルには、数々の効用がある


低用量ピルは、n禾では1999年に処方が解禁された薬ですが、まだまだ利用者は少ないのが現状です。 欧米では、40年も前から多くの女性が愛用していて、数々の効用があることが確認されています。 更年期の症状には、低用量ピルよりさらにホルモン量が少ないHRT(ホルモン補充療法)で対応することも多いのですが、HRTには避妊の効果はありません。 そのため、このかたのように、更年期の症状が出はじめていながらも、妊娠の確率はゼロではないという時期には、低用量ピルをおすすめしています。 低用量ピルもHRTも、女・・・

かかりつけの婦人科を見つけておこう


閉経は、女性の体に生物としてプログラミングされた、だれも避けることのできない過程です。 そして、女性の一生の約3分の1に当たる閉経後の人生を、健康で美しく、いきいきと過ごすためには、まずは体の変わり目にさしかかる40代から、更年期に関する正しい知識を得るようにすることが大切です。 そして、いざというときに相談できる婦人科があるとなお安心です。とくにトラプルがなくても、子宮がんの検診も兼ねて一年に一度くらいは婦人科にかかるなどして、かかりつけ医を見つけておくことをおすすめします。

HRTが効かない症状や副作用について


HRTの最大のメリットは、原因が女性ホルモンの低下によるものであれば、どんな症状にも対応できる点。ただし、更年期にあらわれる症状は、必ずしも女性ホルモンの低下だけが原因ではありません。そのため、ホルモン補充療法ですべて解決すると思い込むのは危険です。 この患者さんの場合は、HRTでは効果があらわれなかった不眠の症状には、入眠剤を併用することを納得していましたが、なかには「自分の症状はすべてホルモンの影響によるもの」と信じ込み、HRT以外の治療法を拒否するかたもいます。HRTがよいのか、それとも他・・・

HRTの薬の投与には、いくつかのパターンがある


更年期障書の治療法として、日本でもかなりポピュラーになってきたHRTですが、その薬の種類や投与にはいくつかの方法があることは、まだあまり知られていないようです。 HRTで使用される薬には、大きく分けてエストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤、両方の配合剤がありますが、製剤の形状にも内服薬のほかに近年は経皮吸収薬も開発されており、そのかたの症状やほかの疾患との兼ね合い、閉経しているか、子宮があるか否かなどを考慮し、また本人の希望などを取り入れながら、薬や投与方法が決められます。 更年期に分泌が低下するエ・・・

HRTはメリットの多い治療法


更年期の不調は、当然のことながら、女性ホルモンの急激な減少と深い関係にあります。 HRT(ホルモン補充療法)には抵抗を感じる人もいるようですが、今まで体の中で分泌されていたホルモンを外からほんの少し補うことで、急激なホルモンバランスの変化をやわらげることは、決して悪いことではありません。 「体からの悲鳴」であるさまざまな症状を「病気ではないから」と放っておくよりも、HRTを上手に利用したほうが、体にも心にも余計な負担がかからないと私は考えています。 なお、このかたの症状のひとつである手指の変形性・・・

自分の気持ちを整理することが大切


更年期障害というと、「のぼせ、発汗」がおもな症状だと思っている人が多いようですが、じつは、更年期にもっとも多いのは、不安感や抑うつ感、無気力といった精神的な症状です。 次いで、肩こりゃ関節痛、腰痛などで、のぼせゃ発汗の訴えは、更年期障害で病院に相談に訪れる人の3割程度にすぎないといわれています。精神的な症状の程度は人それぞれですが、なかには、人が変わったようになることもあります。 その場合は、専門家によるカウンセリングや、心理療法も必要となることがあります。 私も、長いあいだ更年期の患者さんを診・・・

専門家の診察が必要な理由


更年期と生活習慣病の関係は、非常に密接です。 更年期は、これまでさまざまな病気から体を守っていてくれた女性ホルモンが、急激に減少する時期です。その影響を受けて体重も増えやすくなり、生活習慣病にかかる確率も高くなってくるのです。こういった病気と区別するためにも、更年期の症状は、たとえ病院に行くほどひどくなくても、一度はきちんと検査を受けることが必要といえるでしょう。 なお、糖尿病や高血圧は、「一生薬をのみつづけなければいけない」と勘違いしている人が多いようですが、早期発見して、食事療法と運動療法が・・・

婦人科受診をきっかけに、生活習慣病が見つかる人も多い


更年期に関する情報が増えるにつれて、40代で婦人科を積極的に受診するかたが多くなってきました。婦人科へ行くことに抵抗がなくなり、とてもよいことだと思っています。 そして、婦人科受診をきっかけに、糖尿病や高血圧などの病気が見つかり、紹介で内科にやってくる患者さんも増えてきました。 糖尿病は、進行すると目の網膜や腎臓、神経などに合併症を起こし、放っておくと命にかかわる病ですし、高血圧も、脳血管障害などにつながる可能性が高い病気です。これらの生活習慣病は、最初は何の症状もあらわれないことが多く、気がつ・・・

プレ更年期と低用量ピル


低用量ピルとは女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが配合されている錠剤です。 その名の通り女性ホルモンが少量しか含まれておらず、副作用が抑えられ安全に服用することが出来ます。 低用量ピルを服用することで、外部から安定して女性ホルモンが補給できるようになり、プレ更年期・更年期の症状を緩和することが出来るのです。 主な効果に生理周期が規則的になる、生理痛・PMSの症状の軽減のほか、子宮がんの発生リスクの低下、骨粗しょう症の予防、避妊効果などがあり、また、女性ホルモンを摂取することで肌や髪の・・・

プレ更年期とハーブティー


古来よりお茶は薬としても扱われています。 プレ更年期の症状改善においてもお茶、特に薬効の高いハーブティーは手軽に摂取でき、高い効果が期待できるので積極的に取り入れていきたいものです。 ここでは特に効果があるハーブティーをいくつかご紹介します。 精製し、アロマオイルにしても効果が高いセージは、ハーブティーにしてもその高い性能を遺憾なく発揮し、生理痛、生理不順の改善のほかに滋養強壮の効果があります。 特徴はそのさわやかな香りで、カモミールやフルーツの香りと相性が良いため、ブレンドをしてもおいしいハー・・・

プレ更年期とアロマセラピー


アロマセラピーは手軽に行え、プレ更年期の症状改善への効果が期待できる方法です。 その効果は大きく3つに分けられます。 ①精神の安定②身体の不快感の軽減③ホルモンバランスの改善です。 心を落ち着かせる効果のあるアロマで代表的なものは、ラベンダーやペパーミントです。 ラベンダーはリラックス効果が高く、日々のストレスを打ち消し、精神を回復させてくれます。 また鎮痛効果や血圧降下効果があるため、プレ更年期に起こりがちな肩こりや頭痛の症状緩和にも役立ちます。 その他に精神の安定に効果があるアロマに、カモミ・・・

プレ更年期のストレス解消法


プレ更年期におけるストレス解消方法でおすすめしたいのが「散歩」と「入浴」です。 もちろん、自分なりの気分転換が確立されている場合はそれをするのに越したことはありません。 しかし、イライラして趣味にも集中できない、なんとなくやる気が出なくて何にも手が出ないというときには、 気合いを入れなおして頑張ろうと無理に自分を奮い立たせるよりも、さりげなく、簡単に出来ることのほうがいい結果に結びつくことが多いです。 散歩は何かのついでに行うことができ、なおかつ運動にもなるため一石二鳥です。 散歩のためだけに時・・・

プレ更年期の生活習慣


プレ更年期は、卵巣機能低下にともなうエストロゲンの減少によって引き起こされるのではなく、自律神経の失調からくるホルモンバランスの変化によって引き起こされています。 したがって、日常のちょっとした心がけや、生活習慣を改善することによって症状を軽減、改善させることが期待できます。 生活習慣を見直してプレ更年期を乗り越え、来るべき更年期に備えましょう。 規則正しい生活を送ることに越したことはありませんが、具体的にはどのようなことを心がけるべきでしょうか。 プレ更年期においては次の2点、①身体の機能を上・・・

プレ更年期の食養生


プレ更年期の症状を改善するのに役立つ栄養は、たとえば自律神経のバランスを整えるビタミンB群、骨を形成するカルシウム、ビタミンB群やカルシウムを助けるマグネシウムなどが考えられます。 また、大豆に多く含まれるイソフラボンも効果的な栄養素のひとつです。 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12…など、身体の諸所の代謝に関わっている8種類のビタミンをビタミンB群と呼びます。 ビタミンB群は、私たちの身体にエネルギーを供給するのに重大な役目を担っています。 ビタミンB群を多く含む食品は、・・・

プレ更年期の食事療法


プレ更年期時に摂取する、というべきか、女性全般におすすめできる食品は何と言っても大豆です。 大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと大変よく似た働きをします。 それどころか、女性ホルモンが足りない時にはその役割を肩代わりし、女性ホルモンが過剰分泌されている時にはそれを抑制する作用があります。 またプルーン、特にドライプルーンにはミネラル・ビタミンが多く含まれており、大豆と並んでおすすめできる食品です。 プルーンには、特に鉄分が多く含まれているため、生理で貧血に陥りやすい方は意識して摂取す・・・

プレ更年期の運動法


プレ更年期の症状は心や体、多岐にわたって現れます。 「病は気から」という言葉があるように、気持ちを上向きに保つことで身体が健康に保たれるということがあります。 反対に、身体を適度に活性化することで、心も体も健やかになることができます。 程よく運動をして、身体機能の低下、そしてストレスからくるプレ更年期に対抗しましょう。 まずプレ更年期においては過度な運動、そして過度なダイエットは禁物です。 あまりに激しい運動は身体に負担をかけてしまい、それによってプレ更年期の症状が悪化してしまうことがあります。・・・

プレ更年期の初期症状


プレ更年期の初期によく見られる症状は、生理の変化やほてり、急な発汗です。 生理の変化と言っても、いきなりに不規則になったり、まったくこなくなったりといった劇的な症状はむしろ少数のようです。 生理周期が短くなる、出血量が減るなど、その人のそれまでの習慣と比べると変化している、といった、それほど急激ではなく徐々に 進行していくような変化が多く見られます。 もともと生理があまり重くない人や、自分の周期に無頓着な人はこういった変化になかなか気づくことができず、体調不良の原因がわからないまま本当の更年期に・・・

プレ更年期度チェック


通常、更年期とは、おおよそ45~55歳の期間のことを指します。 更年期障害は、老化により卵巣の機能が低下し、そのことによりエストロゲンというホルモンの分泌量が少なくなることによって引き起こされます。 しかし、まだ卵巣機能が低下していないはずの40代や30代、時には20代の女性が更年期のようなのぼせや疲労感といった症状を訴えることがあります。 それが「プレ更年期」です。 プレ更年期とはその名の通り、更年期の以前(プレ)にくる「更年期のようなもの」のことを言います。 その原因は、過度なストレスや不規・・・

正確な診断のため血液検査をすることも


卵巣がきちんと働き、排卵しているかどうかは、基礎体温をつけることでわかる場合があります。また生理中から生理直後のホルモン値(FSHとエストラジオール)を血液検査で測ることで、客観的に判断することも可能です。プレ更年期は正常値の範囲内での変化であることが多いので、医師によっては費用の負担も考えて検査をすすめない場合も。どうしても気になるなら、自費になる場合もありますが、「更年期に入ったのではないかと心配なので、血液検査したい」と申し出て調べてもらうのも、安心感を得るひとつの方法です。



このページの先頭へ